ランサーズなどのウェブサイトを使ってフリーランスライターとして仕事をする場合、プロジェクトが気になるという人もいるのではないでしょうか。プロジェクトというのは特定のクライアントから依頼を受けるという仕事のやり方になります。ここではプロジェクトのメリットとデメリット、そしてプロジェクトをするための方法を紹介していきます。

◆プロジェクトのメリット
プロジェクトのメリットはなんといっても安定した収入が得られるということになります。タスクよりも単価が高くなりますし、継続で依頼を受けることもありますので、プロジェクトであれば比較的安定した収入が得られます。タスクの場合、先に他のライターたちが記事の執筆をしてしまえば仕事になりませんが、プロジェクトであれば自分しか仕事ができないため、他の人に仕事を取られるという心配がありません。

◆プロジェクトのデメリット
プロジェクトのデメリットはタスクよりも時間がかかるということです。個人的に依頼を受けるわけですからしっかりと下調べをなければならない場合も多く、修正を依頼されることも珍しくありません。そのため、タスクよりも単価は高いですが、タスクよりも時間がかかります。また、クライアントと連絡が取れなくなってしまい、プロジェクトが進まないという可能性もゼロではありません。

◆プロジェクトの仕事を得る方法
安定した収入ということで、プロジェクトの仕事に関心を持つ人もいるかもしれませんね。プロジェクトで仕事がしたいと思うならば、積極的にプロジェクトに提案することも大切ですが、これだけでは安定したプロジェクトにつながりません。というのは、最近は悪質なクライアントも増えており、プロジェクトの募集をしておきながら当選者を決定しない、などということも珍しくないのです。また、自分よりもスキルのあるライターが応募していればその人が当選する可能性も高くなり、必ずしも自分が当選できるとは限りません。
もしもプロジェクトで仕事がしたいと思うならば、タスクの仕事をするときに丁寧に仕事をするよう心がけましょう。タスクで良い記事が書ければ、クライアントから直接連絡が来ることもあります。また、もしもクライアントからタスクで納品した記事の修正を頼まれたならば、迅速に修正しましょう。このやりとりによって「このライターは信頼される」と思ってもらい、そこからプロジェクトの仕事が得られる可能性もあります。クライアントと信頼関係が大切になりますので、もしも修正依頼が来たらめんどくさいなどと思わず、責任を持って対応することも重要です。