アフィリエイトで稼ぐ為には、キーワードも選ぶ必要があります。それを選ぶ時は、ライバルも意識してみる方が良いでしょう。ライバルが多いキーワードを選ぶよりも、倍率が低そうなキーワードがおすすめです。

アフィリエイトの収益率とライバル

アフィリエイトは、確かに大きく稼げる可能性を秘めています。人によっては月収100万円ぐらい稼いでいる事もありますが、それも競合次第です。競争相手が多い時などは、ややハードルが高くなる事もあります。
そもそもアフィリエイトに限らず、収益率はライバルの人数に左右される一面はあるでしょう。実店舗を経営している方も、ライバル他社を気にしている事が多いです。ライバルが多ければ、価格競争も発生しやすくなってしまい、収益率が下がる事もあります。
逆にライバルの人数があまり多くない時などは、比較的稼ぎやすくなる事も多いです。競争相手が少なければ、価格競争も発生しづらくなるでしょう。

ライバルが少ないキーワードを選ぶ

それを考慮しますと、やはりキーワードの選定は軽視できません。ライバルが多いと見込まれるキーワードは、極力避ける方が無難です。
例えば脱毛というキーワードです。美容ジャンルのブログやホームページは非常に多く、ライバルの人数もかなり多くなります。ライバルに負けないようにする為に、サイトの質も充実させる必要があります。
それよりは、むしろ検索されづらいキーワードを選んでみると良いでしょう。例えば「すね毛処理」などのキーワードです。そのワードで検索している人数はあまり多くありませんから、必然的にライバルも減ります。上述の脱毛というキーワードで訴求するよりは、かえって稼ぎやすくなる訳です。
ちなみに脱毛のようなキーワードであれば、地域名を盛り込んでみるのも悪くありません。絞り込みキーワードなどを含めて、キーワードを選んでみると良いでしょう。

キーワードの件数を調べておく

幸いにもキーワードの人気度は、簡単に調べる事ができます。サイトによっては、キーワードの検索件数を調べることも可能です。
やはり検索件数が多いキーワードは、競争率も高くなると見て良いでしょう。むしろ検索件数が少ないワードにしておく方が、稼げるケースもあります。
ただし極端に検索件数が少ないキーワードも、あまり望ましくありません。件数があまり多くない以上、サイトを見てもらえなくなる可能性もあります。適度な件数のキーワードを選ぶと良いでしょう。