インターネットビジネスの世界はなんといっても重要なのはスピードとアイデアになります。インターネットの世界が一般的になってからかなりの期間が経つこともあり、簡単なビジネスであれば誰もが思いつく時代で新しいビジネスを起こすことが非常に難しい時代になりつつあります。もちろん、アイディア勝負で一攫千金を狙うことができるかもしれませんがそれもスピードが並行して優先されることになります。例えば、中国などでは企業によっては全く出社することなくアイディアで実績を上げるだけで賃金が得ることができると言うビジネスモデルまで一般的になりつつあります。翻って、日本についてはどうでしょうか。少しずつ旧態然の働き方が変わりつつありますが少しでも新たな発想を行う若者の意見を虐げたり、過去の事例にそぐわないものを排除すると言う習慣はまだまだ残っています。繰り返しになりますがまず、これからのインターネットビジネスで成功するために必要なのはスピードとアイディアです。そしてそのアイディアを生み出すのはこれからの時代も人間であると言う事は変わりありません。そして若い人材こそがそのアイディアを生み出す源泉になってくるのです。ですから、柔軟な発想を持った若者をいかに確保してくるか、ここがインターネットビジネスを成功させるための1番最初のターニングポイントになってきます。そのためには今話題になっている新卒採用のあり方も大きく影響が出てきます。画一的な採用していては国内のライバルだけではなく海外のライバルに人材をどんどんとられていくだけです。いかにして、優秀な人材を自分の会社に囲い込むことができるかを最優先に考えて採用活動を行う必要があります。そのためには、柔軟な働き方ができ、かつ賃金が一般的な企業よりも高い水準を提示しなければなりません。短期的に見ると大きな投資になってくるかもしれませんが長期的に見ればアイディアを生み出す源泉と考えたときに絶対に必要になってきます。そして、いかに人間関係が希薄になった時代であっても企業としてどのようなビジョンを持っているか、どのような人材を求めているかははっきりと示す必要があります。要するに、インターネットビジネスを通じてどんなことで社会に貢献し、ビジネスを展開したいかと言うことを明らかにしなければ優秀な人材もついてこないはずです。最終的には優秀な人材は独立するかもしれませんがこのような繰り返しによってビジネスが成り立っていきます